`
環境マーケットレポート
エネルギー情勢、世界情勢、温暖化に関わるニュースや排出権、炭素税、クレジット価格の最新情報やトレンド情報を毎月日本語でおとどけ
最新レポート

オークション量の減少とエネルギー価格の高騰で週末にEUA価格が上昇;最安値の更新が続いてUKA価格に引き続き圧力

気温上昇と再生可能エネルギー発電量の低下を背景にEUAオークション量微増するも取引量は通常の半分。Redshaw社の見通し:横ばいから強含み

  • EUAの終値は前週比4%超増の86.80ユーロ。取引レンジは4.62ユーロに縮小(前週は6.42ユーロ)。価格が安定しない中で取引は概ね直近の83~86ユーロの範囲。週前半は日中ボラティリティが双方向に高まったものの、後半は落ち着いた。しかし、高騰するエネルギー価格と投機家のショートポジションの増加を示す取引データを受け、週後半には価格が上昇し、それにともなう活況で週の最高値で引けた。
  • 日中ボラティリティはセッション当たり2.40ユーロに低下(前週は平均で2.73ユーロ)。

ヨーロッパ全体で風の強い温暖な天候が続いて需要は引き続き低下、価格も軒並み下落;オークションを控えてUKAが過去最安値に

8月前半の丸1週間の半量オークションで500万トン弱が供給されたものの、EUの風力発電量の増加、温暖な気温、弱気の見通しがEUA価格を圧迫。Redshaw社の見通し:横ばいから弱含み

  • EUAの終値は前週比6%減の83.41ユーロ。取引レンジは6.42ユーロに拡大(前週は5.38ユーロ)。週明けから価格に下方圧力。弱気が市場を支配したことで売り圧力が高まり、週半ばに最安値の83ユーロまで下落。83.10~85.80ユーロの範囲で保ち合い相場となり、木曜から金曜にかけて市場が安定した。
  • 日中ボラティリティはセッション当たり2.73ユーロに上昇(前週は平均で2.38ユーロ)。

EUAがエネルギー市場の弱気のファンダメンタルズに再び同調;UKAは過去2年の最安値となって反発の気配なし

中央ヨーロッパで風力発電量が増加し、ガス貯蔵レベルもきわめて高いレベルにありながら、オークション量の減少がマイナス要因。Redshaw社の見通し:横ばい

  • EUAの終値は前週比6%減の83.41ユーロ。取引レンジは6.42ユーロに拡大(前週は5.38ユーロ)。週明けから価格に下方圧力。弱気が市場を支配したことで売り圧力が高まり、週半ばに最安値の83ユーロまで下落。83.10~85.80ユーロの範囲で保ち合い相場となり、木曜から金曜にかけて市場が安定した。
  • 日中ボラティリティはセッション当たり2.73ユーロに上昇(前週は平均で2.38ユーロ)。

熱波、原子力発電所の停止、直近のオークション量の減少による上昇気運でEUAがエネルギー市場とともに反発;UKAは足場を築けずに過去2年の最安値に

オークション量減少の見込みでEUAに強気のセンチメント継続するも天候の変化で反発に陰りRedshaw社の見通し:強含み

  • EUAの終値は前週比わずか0.2%増の86.35ユーロ。取引レンジは3.26ユーロに縮小(前週は4.52ユーロ)。今週は一定の値幅で推移したが、上昇・下落ともに勢いを欠き、最終的に始値と同じ価格で引けた。水曜に最高値の88.30ユーロをつけたものの、強気筋は週末まで利益を維持できなかった。86ユーロ以下での値動きでなら買い意欲は継続。
  • EUAの終値は前週比6.3%増の91.82ユーロ。5日連続の上方圧力によって取引レンジは7.12ユーロにほぼ倍増(前週は3.26ユーロ)。週半ばに直近のレンジから脱して強気モメンタムがさらに加速。EUAの終値は週最高値(92.20ユーロ)から38ユーロセント安となるも強気センチメントは継続。

ガス供給の復旧でエネルギー価格が圧迫される中、エネルギー市場のボラティリティは概ね排出枠価格には無影響

EUA保ち合い続くも8月前半のオークションが視野にRedshaw社の見通し:横ばいから強含み

  • EUAの終値は前週比わずか0.2%増の86.35ユーロ。取引レンジは3.26ユーロに縮小(前週は4.52ユーロ)。今週は一定の値幅で推移したが、上昇・下落ともに勢いを欠き、最終的に始値と同じ価格で引けた。水曜に最高値の88.30ユーロをつけたものの、強気筋は週末まで利益を維持できなかった。86ユーロ以下での値動きでなら買い意欲は継続。
  • 日中ボラティリティはセッション当たり1.96ユーロ;前週平均の1.77ユーロから微増したものの、取引は低調に終始。

ボランタリー炭素市場 アウトルック 7月


クレームガイダンスの発表と契約内容の改定で低迷していた価格が月末に急騰


    知っておくべきこと

  1. VCMIが「クレーム実施規則」の最終版を企業に明示
  2. COP28議長がVCMの可能性を強調く
  3. カーボンクレジットの標準契約価格がここ数年来の最低水準で低迷
  4. マイクロソフトが3年目に入った炭素除去活動から得た知見を発表
  5. イギリス政府が炭素除去市場の開発計画を発表。

電力需要の低下と再生可能エネルギー発電量の増加でEUAとUKAの価格が下落

天候とエネルギー市場が安定してEUAは下落傾向、ボラティリティは低下Redshaw社の見通し:横ばい

  • EUAの終値は前週比3.8%減の86.15ユーロ。取引レンジは4.52ユーロに拡大(前週は3.89ユーロ)。週前半は弱気が支配。価格は89.85ユーロ(週最高値)から85.33ユーロに下落(週最安値)。EUAは取引量の低下で木曜から週の最安値近辺で推移。
  • 日中ボラティリティはセッション当たり1.77ユーロに低下(前週は平均で2.85ユーロ)。

暑さが予想される中でエネルギー市場とともにEUA価格も上昇傾向;UKA価格追従するもオークションが抑制要因

EUA:エネルギーコンプレックスのボラティリティの低下とオークション量の増加が予想されて保ち合いが継続Redshaw社の見通し:横ばい

  • EUAの終値は前週比2.02ユーロ(2.3%)増の89.57ユーロ。取引レンジは3.89ユーロに縮小(前週は8.45ユーロ)。週最安値の85.85ユーロで買い需要高まったことで週初めの下落が回復。火曜に89.19ユーロまで上昇した後は87.10~89.74(週最高値)の比較的狭い範囲で取引された。
  • 日中ボラティリティはセッション当たり2.85ユーロに低下。

市場への圧力と北欧のガス供給を巡る懸念の緩和で炭素価格が反転

Commitment of Traders(COT)のデータが回復基調の終了を示唆。予報では中央ヨーロッパの気温は低下傾向。Redshaw社の見通し:横ばいから弱含み

  • 水曜に最高値(96ユーロ)に達したEUAの終値は前週比4.8%減の87.55ユーロ。取引レンジは前週比1.92ユーロ減の8.45ユーロ。ショートスクィーズが発生。北欧のガス供給停止で週明けは好スタート。しかし、週半ばに発表されたCommitment of Traders のデータによると、ショートポジジョンの90%以上はすでに決済されており、さらなる上昇のリスクは限定的。市場は週後半に8ユーロ近く下落し、週の最安値で引けた。
  • EUAの日中ボラティリティは平均でセッション当たり3.60ユーロ。前週の平均3.69ユーロを下回った。

北欧のガス供給停止が7月中旬まで延期されたことで炭素・エネルギー市場にさらなる圧力

気温上昇で冷房需要が増加、北欧のガス供給量が減少、テクニカルな見通しは強含みRedshaw社の見通し:強含み

  • EUAの上昇傾向は続いており、終値は前週比6.7%増の91.92ユーロ。取引レンジも10.37ユーロに拡大(前週は9.29ユーロ)。月曜から水曜にかけて市場への一時的圧力が高まり、価格は8ユーロ上昇。しかし、週の最高値95.25ユーロから下落すると、木曜と金曜に買い手枯渇の最初の兆候が現れた。
  • EUAの日中ボラティリティがわずかに減少し、平均取引レンジはセッション当たり3.69ユーロに縮小(前週は3.78ユーロ)。

免責事項

日本ゼルス株式会社の書面による同意なしに、この文書のいかなる部分もコピー、複製、再配布することはできません。この文書は情報提供のみを目的として作成したものであり、ここに記載されたいかなる商品または証券の引受約束、融資の申し出、販売の申し出、または購入の申し出の勧誘を意味するものではありません。本資料に記載された見解および情報は、本資料に記載された取引および/または関連商品もしくは証券に関するいかなる投資助言、投資勧誘または推奨を構成するものではなく、またそのようなものとして依拠することはできません。投資家または顧客は、投資判断の前に適切かつ独立した専門家の助言を得なければなりません。本資料に掲載されている情報は、誠実に作成されたものですが、提供された情報の正確性、完全性または正確性について、明示または黙示を問わず、いかなる表明または保証をするものではありません。日本ゼルス株式会社とその役員、従業員、代表者および代理人は、本書の使用または本書に含まれる情報もしくは見解への信頼から生じたいかなる損失または損害についても、直接的、間接的、派生的またはその他(過失の有無を問わず)一切の責任を負わないものとします。

日本ゼルス株式会社
ホームページ:www.xels.co.jp
EMAIL:contact@xels.co.jp