CarbonNeutral_IS68WEB
取得支援の相談をする
ISO 14068-1:2023 とは?

「ISO 14068-1:2023(気候変動マネジメント-ネットゼロへの移行-第1部:カーボンニュートラリティ)」
が、2023年11月30日に発行されました。カーボンニュートラリティとは、温室効果ガス(GHG)の排出量と吸収、または除去量が、差し引きゼロになる状態で、大気中のGHGを増加させないことをいいます。
ISO 14068-1:2023 は、それを認証する、国際的に適用可能な認証規格であり、その取組みが、真実であり、公正で、科学的にも有効であるということを証明することができます。  

この規格では、直接的、及び間接的なGHG排出量を削減し、GHG除去を強化するための行動を優先し、オフセットは、これらの行動後に残るCO₂排出量に対してのみ使用することとされています。

カーボンニュートラリティを宣言するには?

以下の2点を達成しましょう

①    組織や製品・サービス、イベント等の「カーボンニュートラル」を証明したい対象の、温室効果ガス(GHG)排出量を定量化・削減します。
② 努力しても削減できない分の排出量は、GHG排出削減または除去から生成されたカーボンクレジットを購入し、オフセットを実施します。※選定するクレジットについては要件があります。

カーボンフットプリント
GHG削減
なかなか
減らせない排出
可視化や削減が 難しい排出
削減の努力
GHG除去量
カ-ボンクレジット
クレジットに
よる削減
クレジットに
よる除去
ネットゼロ
カーボン
ニュートラリティ
達成
(正味のGHGが
「0」の状態)
ISO 14068-1:2023 取得のメリット

グリーンウォッシュ、根拠が提示できない排出量表示、不完全なスコープなど、偶然であれ意図的であれ、カーボンニュートラリティを目指す組織が実際に何を達成しているのか、その可視性が曖昧になっているのが現状です。曖昧なカーボンニュートラルを排除することはこれからの重要な課題の一つです。ISO 14681-1:2023 を取得することで、以下のようなメリットが考えられます。

① 他社との差別化
② 社内外での信頼獲得
③ 企業価値の向上
④ 自社のサービス、商品価値の向上
⑤ 科学的根拠に基づいた野心的な温室効果ガスの削減戦略の促進

ISO 14068-1:2023 を取得するには?

弊社がカーボンニュートラル認証取得支援をお手伝いいたします。申請書の作成に必要となる、CO₂排出量の算定、排出削減計画の作成・実施の支援、カーボンクレジットの調達、オフセットの代行までトータルでサポート致します。

取得支援サービス
組織
参照基準:
GHGプロトコル企業基準
ISO 14064-1
製品・イベント
参照基準:
「製品ライフサイクル 会計報告基準」
ISO 14067
GHG排出量
算定
可視化
GHG除去
削減計画
削減の実施支援
オフセット
クレジット選定
クレジット調達
クレジット無効化
証明書の発行
申請書の作成
ISO審査
審査プロセス
ISO規格
ISOは、スイスのジュネーブにある国際標準化機構という非営利法人のことですが、国際規格である「ISO」を
指す場合もあります。ISOが定めた国際規格を「ISO規格」と呼びます。ISO規格には「製品」を対象にした規格
と「マネージメント」を対象とした規格の2つがあります。
ISO規格=世界基準であるといえます。
ISO規格
国際規格
icon
マネージメントシステム規格
製品やサービスの向上を目的とした規格や、サステナビリティを基盤とした環境への貢献を目指す規格などがあります。
icon
製品規格
非常口のマーク、クレジットカード、ねじ、など製品そのものを対象にした規格のことです。