環境マーケットレポート
エネルギー情勢、世界情勢、温暖化に関わるニュースや排出権、炭素税、クレジット価格の最新情報やトレンド情報を毎月日本語でおとどけ
最新レポート

会員限定記事です


ボランタリー炭素市場 アウトルック ~ 4月 Part3 ~

ロシア侵攻がエネルギー市場や商品に与える影響
2月24日、ロシアのプーチン大統領は、ウクライナへの侵攻を命じた。ウクライナが世界の商品(コモディティ)市場にとって重要であることを考えると、商品価格の急騰、炭素市場の暴落、世界的な高インフレや不況が予想された。その直後、原油価格は2014年以来初となる1バレル100米ドルを突破した。アルミニウムと金は、ともに過去最高値を更新した。小麦の価格は、ウクライナとロシアからの輸出が一部失われた影響で、約9年ぶりの高値となった。

最新レポート

会員限定記事です


ボランタリー炭素市場 アウトルック ~ 4月 Part2 ~

月間テーマ:COP26後の市場の動向について

昨年11月、COP26はパリ協定第6条のルールが合意され、これまでのCOPs※1が失敗してきたことに成功した。

しかし、ルールが合意されたとはいえ、その解釈にはまだ多くの余地がある。合意された枠組みの中での解釈が進むにつれ、多くのことがボランタリー市場の判断に委ねられることになった。
これにより、誤ったルールの解釈を恐れて投資が抑制されるというデメリットが生じることは明らかである。
COP26以降の数ヶ月間で、多くの市場関係者や解説者がそれぞれの見解を示してきた。また、この合意に確実に影響を受けている政府やその他の関係者による意思決定も認める。
このレビューでは、VCMと第6条の歴史を簡単に説明した後、いくつかの動向を紹介する。

最新レポート

会員限定記事です


ボランタリー炭素市場 アウトルック ~ 4月 Part1 ~

ボランタリー炭素市場(VCM)月次レビュー

ロシアとウクライナの紛争継続のため、グローバル市場やVCMは引き続き不透明な状況である。
3月上旬にはリスクオフの心理が続き、ある取引所で取引されたカーボンクレジット価格においては30%以上下落したものもある。
しかし、その後、価格は急激に回復した。月末の価格査定は依然としてマイナス圏で推移したが、月の後半は比較的安定した状態が続き、大半の価格が回復した。
また、リタイアメント(無効化)量も2月から200万トン近く増加し、トータルで約1,550万トンとなった。
世界的に市場の先行きが不透明な中、このような安定した兆候は短中期的にみるとVCMにとって好材料といえるだろう。

最新レポート

会員限定記事です


EUAはレンジ内推移、UKAは遅行

寒波とコンプライアンス買いの監視 – Redshaw 社の見通し強気

  • EUAsの終値は78.60ユーロ。前週比ほぼ横ばい; 5.55ユーロの狭い範囲で取引された。 (前週は6.49ユーロ)
  • 静かな市場の開始後、EUAは勢いを増し上値抵抗線の約80ユーロをかろうじて越えた。週半ば、オプション期限切れと戦争激化の懸念から価格圧力が生じた。薄商いの中、価格は週後半の押し目買いの下支えによりなんとか持ち直した。
  • ESMAの最終報告書はEU ETSに「大きな欠陥はない」としたが、カーボン・デリバティブにおけるポジション制限と、集中監視の強化を提案。
最新レポート

会員限定記事です


EUA の価格規制の兆しが炭素価格に重くのしかかる

市場はLiese の価格統制案待ち - Redshaw 社の見通し:中立


  • EUA の終値は92.68 ユーロ。前週比約4%減、9.99 ユーロ(前週10.34 ユーロ)の範囲で取引された。
  • 押し目買いは見られるものの、 週明けは軟調に推移。98.49 ユーロの史上最高値を更新したが、その後伸び悩む。EU 環境委員会の価格規制メカニズムに関する議論や政策パッケージ「Fit for 55」の変更がEUA を圧迫したが、終盤には90 ユーロが下支えとなり、回復に転じた。
  • 市場の最大の関心は、EUA の価格規制強化案の詳細(2 月16 日までに発表予定-「その他のニュース」参照)。
最新レポート

会員限定記事です


カーボン価格は強い価格パフォーマンス

ロシアとウクライナ間の緊張とガス供給の懸念が増す 見通し:強気


  • EUA の終値は 89.39 ユーロ、UKA は 84.70 ポンドで取引終了。前週と比べ、それぞれ約 6%と約 9%上昇。
  • EUA は 7.61 ユーロの範囲内で取引(前週 6.97 ユーロ)。 UKA は 6.75 ポンド(前週 7.65 ポンド)。
  • UKA の週平均プレミアムは 10.86 ユーロ(前週 7.62 ユーロ)。合計平均は 4.60 ユーロ。
  • 不安定な市場の影響を受け、今週は好調だが値動きの荒いスタートを切る。その後、EUA はより好調に。一時的な下落も見られたが買い支えにより下落前に増して価格を押し上げられ、安定したまま週が終わった。

免責事項

日本ゼルス株式会社の書面による同意なしに、この文書のいかなる部分もコピー、複製、再配布することはできません。この文書は情報提供のみを目的として作成したものであり、ここに記載されたいかなる商品または証券の引受約束、融資の申し出、販売の申し出、または購入の申し出の勧誘を意味するものではありません。本資料に記載された見解および情報は、本資料に記載された取引および/または関連商品もしくは証券に関するいかなる投資助言、投資勧誘または推奨を構成するものではなく、またそのようなものとして依拠することはできません。投資家または顧客は、投資判断の前に適切かつ独立した専門家の助言を得なければなりません。本資料に掲載されている情報は、誠実に作成されたものですが、提供された情報の正確性、完全性または正確性について、明示または黙示を問わず、いかなる表明または保証をするものではありません。日本ゼルス株式会社とその役員、従業員、代表者および代理人は、本書の使用または本書に含まれる情報もしくは見解への信頼から生じたいかなる損失または損害についても、直接的、間接的、派生的またはその他(過失の有無を問わず)一切の責任を負わないものとします。

日本ゼルス株式会社
ホームページ:www.xels.co.jp
EMAIL:contact@xels.co.jp